風評被害を避けるための、報道の在り方

風評被害、最近よく耳にする言葉です。とても、気の毒な、迷惑な被害です。どのような職業などに多いかと考えると、農業や、酪農や、養鶏など、食べ物に関係した職業に特に多く多いのではないかと感じています。ちょっと、何か問題が発生すると、途端に直接関係のないところでも、敬遠されたり、意識的なものが働き、被害を被るといったことになってきてしまうようです。そうした、風評被害は、そう長く続くことはないようですが、自営業的に営んでいるところでは、少しの期間であったとしても、被害額や、損害額などは、とても深刻なものになってくるのではないかと思われます。その為、報道関係の人たちには、無責任ではなく、正確で正しい情報を報道するように細心の心配りをしてもらいたいと考えます。というよりも、むしろ、そうすべきだと考えます。

いまだに無くならない風評被害を考える

風評被害とは、事件や災害が起こった時にマスコミによる過度の報道によって、根拠のない噂が出回り、経済的被害を引き起こす事を言います。関係先の農産物や商品が売れなくなったり、観光客が減少するなどの被害があります。間違った報道により、時には無関係の企業や生産物にまで被害が及ぶことがあり、マスコミの責任も大きいと言えるでしょう。東日本大震災による放射能被害が起きてからは、たびたびニュースなどで耳にする機会が増えています。安全基準をクリアしているものと分かっていても、なんとなく怖いから購入を控えている消費者も多いでしょう。こういった買い控え行動は、月日が経つに連れ沈静化するものですが、東日本大震災による風評被害は未だ無くならないのが現状です。また、マスコミやインターネットでの不用意な一言でデマが広がり、風評被害を悪化させている可能性もあります。

企業がするべき風評被害対策

企業経営によくない書き込みをネット上でされてしまうこともあります。企業イメージが悪化したり、売り上げにも影響がでて出てきます。また、企業イメージの低下は、求人の採用にも関わってきます。ネット上に悪い書き込みのある企業にあえて応募はしないはずです。ネット上の悪い書き込みはなるべく速やかに目のつかないようにするべきです。そのたその為に風評被害対策が必要です。風評被害対策は、企業にとって、後ろ向きな費用といえます。その為にあまり積極的になりにくい面もどうしてもあります。しかし、対策をしないないことによるイメージの低下は計りしれません。企業経営には後ろ向きといえる費用が必要不可欠になっています。風評被害対策は成果報酬が一般的で、いきなり高額にはなりにくい料金体系となっています。企業イメージを守る対策をしましょう。

コメントを残す

*

*